スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページもご覧ください。

マリッジリングの選び方



先日の記事(こちら)でお話した、シンプルなリングです。
お友達のマリッジリング!
マリッジ作るの、楽しいです。幸せ分けてもらってる感じ。勝手にね!


たまーに「マリッジリング」検索でこのブログに辿り着く方もいるようなので、
マリッジリングの選び方のポイントというか、私的な考え方をば。

自分のときもそうだったんですが、選ぶときに何が一番問題かって、
新郎と新婦の着けたい指輪が違いすぎるって事ではないですか?!
新婦→可愛いもの、きらきらしたものを着けたい!
新郎→シンプルに限る!!
けっこう、こんな感じじゃないですか?

両者とも同じ好みだったら問題ないですが、なかなかそうはいかないですよね。
特に新郎側は、仕事柄派手なものは着けられないという方も多いと思います。
せっかくの結婚指輪、おそろいが良いけどそうすると自分の好みのデザインが着けられない。
悩ましい問題だと思います。

でもね、でもね、
同じデザインじゃなくて全然良いと思います!!

いやいやそんな、結婚指輪なのにペアじゃないなんて…
そうお思いのそこのあなた。大丈夫!

使う地金は同じだから!!

…え?意味が分からないですって??
うん。説明しましょう!

まず地金っていうのは、指輪の素材の事ですね。
プラチナとか18金とかです。
マリッジリングをオーダーすると、marshipではまずワックスを作ります。
↓こうゆう緑のやつですね。

SANY0524_convert_20110215221346.jpg

ワックスを作って、OKを頂いたらそれを地金にします。
簡単に言うとワックスの型をとって、その型に地金を流し込むという方法です。

で、その地金なのですが、流し込む時々で微妙~に違います。
カレーを毎回同じ分量で作っても、そのときのおイモの大きさによって違うのと同じですね。
ん?カレーに例えた方が分かりにくいですか??
ようはその時々でしか、まったく同じ地金は無いと言う事です。

そのまったく同じ地金を使って指輪を作ったら、
それだけでもう十分ペアじゃないですか!
と、思うのです。

せっかくの一生もの、お互い気に入ったものを着けたいじゃないですか。
デザインを妥協しなくても、このような考え方もあるよというご紹介でした。
あ、まったく同じ地金を使ってくれるかどうかは業者によって異なりますのでご注意を。
marshipでは同じ地金ですので、どーぞよろしく!!!

R0015502.jpg

お友達マリッジの写真をもう一枚。木目が写りこみまくってますが、プラチナですよー。
このペアも幅とデザインが異なりますが、角ばり方を同じにして雰囲気を揃えています。
なにより地金が同じですしね!
喜んでもらえたので良かったです。



ホームページもご覧ください。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

marship

Author:marship
marship(マーシップ)は鳥をメインに、様々な動物をモチーフにしたシルバーアクセサリーブランドです。
動物たちの生き生きとした表情やディティールを大切に、見た人が思わずくすっと笑ってしまうような、そんなアクセサリー作りを心がけています。

お問い合わせはこちらまでお願い致します。


ホームページはこちら


ツイッターはこちら

sidetitleブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。